ボトックス注射の注意点

医者

ボトックス注射をエラにするときははまず、麻酔をしてから施術することができます。ボトックスの前にする麻酔として、ブロック麻酔という麻酔や麻酔クリームを使用することができます。取り扱っている麻酔は美容整形外科によって違いがあるので、注意しましょう。ブロック麻酔とは、痛みの神経だけを麻酔しておく方法で、痛みが無いのが特徴です。痛みに弱いけれど、ボトックスをしてみたいという人には、おすすめの方法です。また、ボトックス先進国であるアメリカでもよく使われている方法です。ボトックス注射をする時の注意点について紹介します。ます、ボトックスは美容目的だけでなく首や目がこわばる病気にも使われていました。カナダで実験的に美容目的で使われたことがきっかけで、美容目的で使用されることになりました。ボトックス以外にも、ボツリヌストキシンは様々な名称で発売されています。イギリスでは、ディスポートというイギリス性のボツリヌストキシンが一般的に利用されているのです。また、ニューロックスという製剤は韓国の商品で、ボツリヌストキシン製剤です。他にもBTXーAという製剤など様々な製品が生産されていますが、製造過程で、品質管理や安全性を疑問視する意見もあるので、ボツリヌストキシンは慎重に選ぶようにしましょう。また、ボツリヌストキシン製剤は基本的にボツリヌス菌A型を使用しています。最近では、マイオブロックという、B型の毒素を使ったボトックスも生産されました。すでにA型製剤を使用しており、抗体ができてしまった人に有効と言われています。しかし、残念なことにまだ日本では認可されていませんので、使いたい人は自己責任で海外で行う必要があるでしょう。

ボトックスの副作用として、あざのような内出血が起こることがあります。この内出血はボトックスだから起こりやすいということではなく、注射で行う施術の全てに起こりやすい副作用と言っていいでしょう。特にビタミンEやアスピリンなどのサプリメント類を服用しているかたは気を付けなくてはいけません。このようなサプリを服用している場合には施術の前に主治医に相談しておくといいでしょう。また、稀にボトックスを額や目尻に注射した場合に、眼瞼下垂が起こることがあります。元々眼瞼下垂がある人には更にひどくなる可能性があるので気を付けなくてはいけません。また、副作用として軽度なものとしては。左右のバランスが悪くなるということがあります。医者の技術が低いとこのような副作用が起こりやすいです。また、他にも副作用として、微熱や風邪のような症状が現れることがあります。稀に頭痛が起こることもあるようです。また、ボトックスの類似品の場合、思わぬ副作用が現れることがあります。なぜかいというと、副作用や危険性について研究しつくされていないからです。安心、安全を重要視するのであれば、ボトックスを利用するのが安全でしょう。また、ボトックスを治療する際の注意点として、段々効きが悪くなるということがあります。このような時には、施術間隔をしっかり開けてから施術してみましょう。ボツリヌス菌は毒素なので、身体がなんどもその刺激を受けると抗体を作ってしまい、効きが悪くなる可能性があるからです。また、他にも、目尻のシワ等表情に影響を与えるしわをなくしたことで、表情が暗くなったということもあります。カウンセリングの際にしっかりシミュレーションしておくことが大切です。また、ボトックスの保存方法によっては効果が薄れてしまう場合もあります。保管状況などはカウンセリング時に見れるものでもありませんが、基本的な清潔感は最低限あるクリニックに依頼しましょう。

Copyright© 2019 【エラ張りでお悩みの方必見】ボトックス注射でなんとかなる! All Rights Reserved.